最新情報

<閉店のお知らせ>

令和4年10月いっぱいで提供店の1つ、笑楽亭さんが閉店されます。
店主さんからのご挨拶は笑楽亭さんのサイトにてご紹介します。

<富良野オムカレー料金改正のお知らせ 9/14現在>

令和4年では多くの食材・資材・人件費の高騰によりご当地グルメの「富良野オムカレー」でも
6ヶ条のルールの見直しが行われました。第6条を変更し1300円(税抜き)以内とし最終的に値段は
各店舗にゆだねるという形になりました。 サービス・商品のクオリティーは変わらずに提供店一同、
協力し富良野を食で盛り上げれるよう、がんばっていきますので、皆様のご理解のほど、よろしくお願いします。

各店舗・富良野オムカレー価格表 9月14日現在
開始日時  店舗名 税込み  税抜き 
9月14日  ふらわ 1,300円  1,182円
9月16日  まさ屋 1,430円 1,300円 
 未定  くんえん工房Yamadori    
   ナポレオン食堂    
       
  山香食堂     
11月より  ノースカントリー 1,320円  1,200円 

各店舗の現状 2022年 9月14日現在

・笑楽亭、山香食堂、くんえん工房Yamadori、ふらわ・まさ屋は通常営業

・Natural Dining 新型コロナウイルスの影響により通常営業しておりません

・レストラン ノルドゥ 新型コロナウイルスの影響により通常営業しておりません

・ナポレオン食堂 令和4年5月9日より営業再開し再度、新たに加盟します。



富良野オムカレーとは?

【定義】
富良野オムカレーは、国民食のカレーとオムライスを組み合わせ、地元食材と提供スタイルにこだわった新カテゴリーのご当地カレー

「富良野オムカレー」のルール

第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる
第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産・北海道産にこだわる
第5条 富良野産の食材にこだわった一品と「ふらの牛乳」をつける
第6条 料金は税抜1,300円以内(2022年9月変更)で提供する

富良野オムカレーマップ2022年度 刷新無し

2020年度版公開中(刷新無し)

「富良野オムカレーマップ2020」公開します。
若干変更点ありますが22年度のマップの刷新はしません。

印刷して持ち歩いたり、スマホにDLしたり、部屋に貼って全店制覇チェックなど、ご自由にお使いください。加盟店の一覧は裏面、もしくは「加盟店」でご確認ください。※なお、マップに掲載されていても事情により写真やメニュー内容に変更がありますので、予めご了承願います。ダウンロードは下のボタンから。